{{ language.body }}

{{ selectedMarket.id ? selectedMarket.name : language.viewAllMarkets }}
秋の「ビジネスパック割引キャンペーン」を、2021年9月21日 (火) 9:00 ~ 10月1日 (金) 14:59の 期間限定で実施中!
ロード中…

経営陣 スティーブン・ ファイフ ライフバンテージ米国本社 社長兼CEO

スティーブンは、科学に基づいた製品を適切な価格で市場に提供すること、それと同時に、会社が最大限の力を発揮することに熱意を持っています。

スティーブン・ファイフは期待を上回ることを好みます。という言い方でも、まだ控えめかもしれません。なぜなら、彼の経歴と実績は疑いもなく私たちの期待を上回っているからです。

スティーブンは30年以上にわたる豊富なファイナンシャルのリーダー的経験をライフバンテージにもたらしてくれます。全体を見据えた戦略的思考と献身的な働きぶりで、ライフバンテージの成長戦略に注力するのはもちろん、顧客、株主、従業員への価値創出することで健全なファイナンス組織を構築します。

スティーブンは、科学に基づいた製品を適切な価格で市場に提供すること、それと同時に、会社が最大限の力を発揮することに熱意を持っています。ライフバンテージの一員となる以前は、Evidera社の最高財務責任者と最高執行責任者として勤めていました。同社は製薬会社に結果研究やデータ解析、疫学サービスを提供する未公開株式企業です。

Evidera社の前には、Active Power、LECGといった複数の株式公開企業で最高財務責任者を歴任しており、その他Gilead Sciences、Amkor Technologies、JDS Uniphaseで財務担当の要職を務めていました。

こうした経歴から、スティーブンがライフバンテージ米国本社 社長兼CEO、最高財務責任者という職務に非常に適した人物だということがおわかりいただけます。

スティーブンはカリフォルニア州の公認会計士資格保有者でもあります(現在は活動を行っていない)。ブリガム・ヤング大学の会計学の学士号を取得。

経営陣 ジャスティン・ ローズ 最高セールス&マーケティング責任者

ジャスティン氏は、ダイレクトセリング業界において、最も成功を収めた営業、および、マーケティングのプログラムのいくつかを手掛けて、自らのキャリアを切り開きました。

ジャスティン・ローズ氏は、12歳という若さで、リトルリーグのワールドシリーズでデビューを果たしました。ジャスティン氏は、リトルリーグから営業の分野へと自分のキャリアを切り開き、ダイレクトセリング業界において、最も成功を収めた営業、および、マーケティングのプログラムのいくつかを手掛けています。販売開発から現場の研修、および、サポートに至るまで、彼を突き動かしているのは、ディストリビューターがそれぞれの可能性を発揮できるように手助けすることであり、それは、通常1対1のサポート、および、成長を押し上げるインセンティブや、販促の種類を創設する分野に費やす時間を含む理念と言えます。要するに、彼は、セールスチームに彼らの側にいて欲しいと思われている、真のリーダーです。ジャスティン氏は、ブリガム・ヤング大学で、国際関係、経営管理の学士号を取得しています。

経営陣 アリッサ・ ノイフェルド 法務担当役員

成功とはチームの全員が一枚岩となって協力し、切磋琢磨していくことだと、アリッサは考えています。

アリッサ・ノイフェルドは、人や人の織りなすストーリーを愛してやみません。自分の顧客やチーム、関係者などの人となりを知ることを、キャリアの出発点からずっと重視してきました。法的手続きさえも楽しく感じさせてくれる、彼女の周囲を明るくするパーソナリティは、法律の世界では貴重です。アリッサは、ライフバンテージの魅力について、「エネルギッシュで才能あふれる人材にある」と考えています。快活で頭脳明晰なアリッサは、すぐにもライフバンテージに欠かせないメンバーとなってくれることでしょう。

ライフバンテージの法務担当役員として、アリッサはリスクを最小化しつつビジネスを成長させるバランスを担います。アリッサの法曹人としてのキャリアは、19歳の時に州の裁判所の判事助手を務めたことに始まりました。その後、弁護士アシスタント、ロースクール修了後は第9巡回裁判所の書記官、大手法律事務所のM&A部門、そして企業の法務担当という広範にわたる経験を積んで、この度ライフバンテージの法務担当役員に就任しました。

成功とはチームの全員が一枚岩となって協力し、切磋琢磨していくことだと、アリッサは考えています。包括的であることをモットーとし、自身のチームにも多様性を重視するよう指導していきます。彼女のリーダーシップの下、才能ある人々が結集しさらに大きなインパクトを与えるべく行動してくれるものと期待されます。

経営陣 マット・ クーリー 最高執行責任者

マットの仕事の流儀は、どこで何の仕事をしようとも必ずポジティブな影響を周囲に与えることです。

マット・クーリーの強みは、好奇心と問題解決への飽くなき挑戦心が形づくられた多彩な経験です。臨機応変に新しいスキルを身につける意欲で、ソフトウェア開発からグローバル規模での実働部隊の指揮、そして海外市場への進出まで、幅広い実績を誇っています。最高執行責任者として、テクノロジー及びビューティケア業界での20年超の経験を活かして、ライフバンテージのビジネスに新たな一面を付け加えてくれることでしょう。

異なる文化や市場に参入する際にサプライチェーンの各部署が直面する課題を理解したいと考えるマット以上に、このポジションの職務に対して熱意を持つ人はいません。新規市場で成功をおさめるために、異なる文化圏における適切な思考や成長/育成法を理解しようとする飽くなき意欲―そして異なる食文化への強い興味―が、マットの個性です。

マットの仕事の流儀は、どこで何の仕事をしようとも必ずポジティブな影響を周囲に与えることです。自身のチームのメンバーひとりひとりが、組織全体の問題解決に貢献できたと実感できるよう配慮を忘れません。

オプションを選択
早く見つけて!素早く市場を探すために、どのページからでも入力を開始してください。